人気ブログランキング |

春隣

 昨日は4月中旬の気温ということで。コートが要らないような陽気だった。春隣ということばがひったりし過ぎてなかなか俳句につながらぬ。何を述べても春隣になってしまう。困った。
 予定が全然ない日。そんな日であっても終わってみれば何かをしている。予定がなくても生きてはいけるのだ。これが生きるということだと思う。
 何もない日だから、この欄も短く終わる。

# by asahimati4 | 2020-01-29 04:12 | Comments(0)

なでしこ句会

 今日は気温がぐっとあがる予報。昨日の最高気温が7度だったが、今日は15度までり4月中旬の陽気らしい。まさに春待つという気分を通り越して春隣。3月の発行所句会が「春隣」の兼題でちょうど作っておけば役に立つ。「三寒四温」も冬の季語でこれも良く似合う。
 なでしこ句会の日。これで今月の句会は終了する。ちょうど清記用のノートがなくなる。二月号から新しいものを使う。ほぼ1年に一冊のペースである。
 午後からは暇。らくち~のへでも出かけてきますか。

# by asahimati4 | 2020-01-28 04:20 | Comments(0)

終わってみれば

 初場所、終わってみれば朝乃山、10勝5敗で来場所の成績如何では大関昇進の芽が出てきた。昨日の15日目のの対戦相手は、高安と踏んで、これはいただきだと思っていたが、竜電との対戦で少し慌てたが、無事に乗り越えた。相撲協会も味なことをする。15日間の土俵を終わってみたら、やはり将来有望な力士が順当に星を伸ばしている。朝乃山を応援しているものの、毎日一喜一憂しないことにしたら気が楽になった。負けたときの新聞は読まない。買ったときは2,3回読み返す。そんな15日間だったが、さすが炎鵬に負けたときははらわたが煮えくり返った。
 今日の予定はなし。悠々として過ごそう。

# by asahimati4 | 2020-01-27 04:15 | Comments(0)

青い鳥句会・埼玉句会

 今日は青い鳥句会。明日は埼玉句会。連続するので体力の温存のために今日は熊谷にホテルを取る。年次大会に訪れた熊谷厄除大師・常光院を再訪しようと思う。いつも1月の句会は雪の心配があったが、今年は何もなく落ち着いて行ける。毎年信濃町では軒氷柱を見るのが楽しみだったが、今年は見られないだろう。何か不思議な冬である。俳句は全部で9句提出予定だが、できるだけ出来立ての句を出すようにしたい。車中の読書としては昨日「角川俳句」が届いたのでそれを読み耽ることにしたい。
 明日のこの日記は休みます。

# by asahimati4 | 2020-01-25 03:51 | Comments(0)

室内気温10度

 起き抜けの現在の室温気温は10度。曇りで日差しはあまり期待できないかもしれないが暖かい日となりそうである。明日からはまた寒いとのことなので、有意義に今日を使いたいものである。庭にどこからか木の葉が舞ってきて杉苔の上に散っていて気になっているところがあるので、それを取り除いたりしながら一日を過ごしたいものである。まずはこの日記を書き終えたらネット句会の句会報の送信がある。今日やるべきことを箇条書きにして抜かりなく遂行しなければと思う。
 髪の毛が伸びているが、立春まで理髪店に行くことをやめよう、寒いから。
 

# by asahimati4 | 2020-01-24 04:06 | Comments(0)

森発送

 第4週に句会がある一部を除いて今日、「森」2月号を発送する。24日に「森「」が届くのを楽しみにカレンダーでその日を記す人もいて、24日は絶対に譲れない日。皆さん届いたらまず自分の作品を確認するのだろうが、その次にどこから読まれるのだろうか、興味がある。小冊子なので隅々まで読みつくせるだろうと思うので、ぜひ「森」の息吹を感じ取ってほしいと思う。今まで何かしら予定のある日が続いていたが、今日明日と予定のない日が続く。週末から来週にかけては句会が4つあり、句がいくらあっても足りない状況となる。
 昨日は日中は久しぶりに日の指す天候だったが、今日からまた冬型となる。すでに外は雨のあとがある。でも、春は近いと思って過ごそう。

# by asahimati4 | 2020-01-23 04:06 | Comments(0)

かたかご句会・新年会

 今の室内気温、4度。おそらく戸外は0度くらいだろうと思う。冷えている。昨夜会議で車を止めて置き、会議が終わって車に乗ろうとするとフロントガラスに薄氷が張っていた、その延長だと思う。今年初めての寒さ。さすが大寒中と思う。
 今日午前中は月見家でかたかご句会と新年会。おいしいものを食べてゆっくりと過ごそう、月見家はかって美規先生もいらして舌鼓を打たれた由緒ある老舗の料亭。時代の流れで椅子席になったが、過去から全然手入れしてない輪の雰囲気を大切にしておられる。夏ならば、お客さんの到来時刻に合わせて玄関先に必ず打ち水がしてある。そんな空間がうれしい。

# by asahimati4 | 2020-01-22 04:21 | Comments(0)