人気ブログランキング |

森野稔の毎朝日記

asahimati4.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

新平家物語読破

 単行本で22冊もあるという新平家物語を8巻の吉川英治全集で読破した。母の看取りの際の暇つぶしに読み始めたもので、正直、全巻を読破できるとは思ってもいなかった。そして、コレだけのボリュームの本は、後で読もうと思っても読めないなと思い、授かった時間を大切にしながらもう一冊、もう一冊と読み進んだ。母の生命力に驚くばかりだ。
 平家物語を読んだ後で読み始めたものなので、吉川英治の想像力・才能にはびっくりした。原作を補うという側面よりも、原作を越えた面白さがあった。
 今日で1年の半分を終える。夏越の祓いの日。氏神の神社へでも行って茅の輪をくぐってこようかな。
by asahimati4 | 2006-06-30 05:35 | 日々の思い | Comments(0)

環境授業

 午前中は、富山県地球温暖化防止活動推進員の肩書きで、小学校4年生2クラス合同の環境についての授業をします。みんなに地球温暖化について考えてもらい、地球のために自分は何が出来るか考えてもらう、それを夏休みを含む10週間で家族とともに実践してもらう活動を行なうための動機付けをするための授業です。
 私としたら、昨年も他の小学校で経験していますので、雰囲気は判っていますが、出来るだけ子どもに発言してもらうよう、心がけてやってみます。
 頼まれれば嫌といえない性格、へんなボランティアを引き受けたものです。
by asahimati4 | 2006-06-29 05:16 | 日々の思い | Comments(0)

バージョンアップ

 昨夜、寝る前にふと思いついて、ウイルスバスター2003からウイルスバスター2006へのバージョンアップ作業を行なった。これは、2003の製品サポート期間終了に伴うもので、やむを得ぬ作業のひとつであった。殆どマニュアルに従って作業を進めていけば良いのだが、なれないことであり、大分手間取った。1時間以上かかり、無事作業終了。ウイルス対策で欠かせない作業だけにほっとした。
 今日も雨が降りそうな空模様ではない。空梅雨?と思うこのごろである。
by asahimati4 | 2006-06-28 05:39 | 日々の思い | Comments(0)

祗王

 今日は、朝日町の平家物語の3回目の講座。「祗王」をみんなで読む予定。かなり長いので、飛ばし飛ばしの朗読になるが、全体像を掴んでもらえたらと思う。特に後半の仏教思想はこの文の要であり、私も判らないながらもきっちりと伝えるようにしたい。
 今日の誕生日の花は「蛍袋」。そういえば、我が家にも咲いている。「祗王」といい「蛍袋」といい、今日は艶っぽい一日になりそうだ。
by asahimati4 | 2006-06-27 05:27 | 日々の思い | Comments(0)

週明け

 西日本が烈しい雨ということですが、ここは、曇り空。このところ、雨が少なく、山河はカラカラに乾いています。今日あたり雨が欲しい気分です。
 週明けになりました。このところ、積極的な外出は控えていますので、日程的には暇です。記念号の原稿依頼も殆ど済ませましたので、随分と楽になりました。あとは自分の作品を作ることに集中するだけです。
 昨日は、看護の人が多く、私は2時間ほど宇奈月温泉へ出かけてきました。「栃の湯」という公営の露天風呂で山々の緑を見ながら汗を流して来ました。サイコー。
by asahimati4 | 2006-06-26 05:37 | 日々の思い | Comments(0)

美規俳句80句抄

 「現代俳句」編集部から依頼されて美規俳句80句抄出を行なっている。次第に絞ってゆき、今は90句くらいになった。そしてしばらく放っておいた。まだ締切までには1週間あるが、今日思い切って80句に絞り、投函したいと思う。抄出していて、この作業も美規俳句を理解していないと単に自分の好みの抄出になってしまうなと思った。それはそれでも良いのだが、美規の全体像を見せるという点では、編集者の意向とずれてしまう。美規俳句の歩みを語るという姿勢で選んだが、どうしても初期作品の抒情が捨てきれず、すこし偏ってしまうのではないか。最後の10句を削るときに私の個性が出てくると思う。今日の予定の一番の困難作業。 「現代俳句」8月号掲載の予定。 
 今日は、気晴らしに2時間ほどドライブするか。さて、どこへ。
 
by asahimati4 | 2006-06-25 05:37 | 日々の思い | Comments(0)

少し元気が出た!

 母がほんの少し元気が出ました。もう3日もてば… と言われてから10日、昨日やっと片目を開けて私を見てくれました。そして、二週間ぶりに少し泣き声らしき細い声をあげました。 回診の医師も少し数値が改善されたと言ってくれました。ほんのわずかのことですが、嬉しくて、額をたっぷりと撫でてやっています。
 朝からこんな話ですみません。私にとって今は母が生きがいの毎日ですので、許してください。
 今日は曇り空、にわか雨があるかもしれません。
 さて、ワールドカップ、最大の戦犯とマスコミに名指しされる柳沢。でも郷土はこんなにあたたかい。柳沢を責めないで下さい。
by asahimati4 | 2006-06-24 05:31 | 日々の思い | Comments(0)

終った!

 ブラジル戦、前半がすべてだった。ロスタイムに同点に追いつかれたところで、先が見えてきたようだった。もう少し夢を見たかったが、まあ、実力差は歴然としていただけにやむを得ないところだろう。健闘を讃えることにしよう。これからは、落ち着いて世界のトップの戦いを楽しみたい。
 昨夜の雨も上がり、太陽が顔を出し、新しい一日の始まりだ。庭先に雀の子が歩いている。今日も一日、いい日でありますように。
by asahimati4 | 2006-06-23 06:06 | 日々の思い | Comments(0)

雨蛙

 昨夜からすこしづづ降り出した雨がもう上がってしまった。
 夜に地区の会合がありそこへ出ていたが、帰りは細かい雨になった。傘を持たずにいたので、雨の中を歩いて帰る。家の前の田ではしきりと雨蛙が鳴いていた。ああ、いい声だなとしばらく聞きほれた。

   遠蛙二ツづづある目が無数   美規

 この句は、何も声の事を言っていないが、しきりに鳴く蛙の合唱が聞こえてくる。その闇のなかにある蛙の目、昨夜の情景ぴったりだ。見えるはずもない蛙の目のことを理知的に処理することによって、読む人に声、漆黒の闇、天候等を想起させる懐の深い句と思う。
by asahimati4 | 2006-06-22 05:33 | 日々の思い | Comments(0)

夏至

 今日は夏至。ということは、この次は小暑ですね。いよいよ夏本番になります。今朝は暇が出来たので家の回りの低木、盆栽の消毒をした。このところ、蚊などが飛ぶようになり、機会を狙っていた。
 これから母の元へ行き、枕元で「麓」の原稿チェック、とくに「麓林」の新旧仮名遣いについて注意している。先生は同人の作には一切手をい入れないとおっしゃっているが、新旧かな混用の作品は、「麓」の品位を落とすので、それだけを注意している。
by asahimati4 | 2006-06-21 09:13 | 日々の思い | Comments(0)

毎朝思いを伝える前向きの日記です。


by asahimati4