人気ブログランキング |

<   2015年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

二月尽

 二月は逃げるように去る、というとおり、今日で尽きる。あっという間の三月である。今朝は寒い夜明け。日中の気温も10度以下で推移するらしい。暖かい気候に慣れた身にはすこしつらい。今日も図書館で勉強でもしますか。季節柄、涅槃図の写真を拡げて眺めたい。

by asahimati4 | 2015-02-28 04:16 | 日々の思い | Comments(0)

日常

 天候が悪いらしい。なにも予定のない日常が続く。勉強と読書。畑の準備のために待ちきれず馬鈴薯の苗を買って来た。畑もすっかり春耕の準備が出来ている。あとは仕事のタイミングを待つばかり。退屈なので次の号の巻頭文にでも取り掛かりますか。テーマを何にしようか悩むところからスタートする。

by asahimati4 | 2015-02-27 04:41 | 日々の思い | Comments(0)

勉強

 これから少し句会から遠ざかる日程になっているが、俳句は北陸現代俳句大会応募などまだまだ作らねばならないので作りためておきたいと思う。畑では玉葱やイチゴに追肥を施す。次第に畑に目を向けなければならなくなってきた。健康作りの為には必要なことである。天候は次第に下り坂になっている。落ち着いた春の雨など楽しめたらと思う。

by asahimati4 | 2015-02-26 04:34 | 日々の思い | Comments(0)

かたかご句会

 午前中にかたかご句会。2句提出でじっくり合評するタイブの落ち着いた句会である。午後からは3月の古典講座「讃岐典侍日記」の勉強。古典講座で堀河天皇を看取った藤原長子の書いた日記のさわりの部分だけを取り組む。特に白河上皇の力が強い中で賢君と言われた堀河天皇のことについてうまく伝えられたらいいと思う。

by asahimati4 | 2015-02-25 04:39 | 日々の思い | Comments(0)

なでしこ句会

 室内気温8度の夜明けである。午前中はなでしこ句会。兼題「春の雪」は出題を誤った感じ。昨日「森」3月号を発送したが送料節約のためになでしこの分は持参する。皆さんには今日届く方が多いと思う。くろねこメール便が3月で廃止になるとか。早目にゆうメールに切り替えていてよかったと思う。

by asahimati4 | 2015-02-24 04:21 | 日々の思い | Comments(0)

講演会一件

 暖かい夜明けである。信濃町もぐんと雪が解けた事だろう。清冽な雪解け水が見たい。昨日の欄で夜に後援会があると書いたが、今日の間違い。町再生会議の講演会で講師の略歴を見ると人気がある人みたいだが、話の内容は果たして朝日町にマッチしているか。会場からの質問の要請があれば手を挙げて何か話すことにしているので、今回も挑戦してみたい。

by asahimati4 | 2015-02-23 04:24 | 日々の思い | Comments(0)

プリンター故障

 プリンターが故障した。あわててヤマダ電機へ持ち込み。五年保証が4月に切れるのでセーフ。このプリンターはこれで4度目くらいの修理である。もうそろそろ買い替えの時期かなと店頭を除いたら1万円くらいから買える。店員に聞いたら、こんどはプリンターには5年保証がないのだという。壊れないから5年保証がないのならわかるが、私でも4度修理しているくらいだから、故障がありすぎて保証が打ち切られたということか。解せない。
 暖かい気温になりそうだから、外仕事の予定。夜は講演会1件。

by asahimati4 | 2015-02-22 05:19 | 日々の思い | Comments(0)

青い鳥句会

 青い鳥句会で信濃町へ。今日を最後にしてJRのジパング倶楽部を使えなくなる。3月からは妙高高原駅で一回乗り換えの必要が生じる。時刻表はほぼ今まで通りでいけるが、慣れるまでは少し不便な感じがする。新潟県内で土日に限って使えるフリー切符などがないのか調べてみたい。富山県内は土日祝に限って1500円で乗り放題の切符が発売される予定。
 雪解けの始まった信濃町は楽しみである。

by asahimati4 | 2015-02-21 03:46 | 日々の思い | Comments(0)

俳壇年鑑2015年版

 俳壇年鑑2015年版の作品評、昨日一日作品とにらめっこ。今日中に書き終えたい。著名俳人の肉筆作品を拝見して、的外れな評ではいけないので少し緊張。来年も依頼があるようにいい原稿にしたいものだ。耳垂れが収まらないので、午後は耳鼻科受診してみる。補聴器が使えないので何かと不自由である。いい早春の風景だ。

by asahimati4 | 2015-02-20 04:12 | 日々の思い | Comments(0)

俳句を楽しむ会句会

 富山で俳句を楽しむ会の句会。高齢者だが、みんな熱心。森に誘うことも考えているが、なかなか決断がいるようだ。生き生きとして参加している姿を見ているとそれはそれでまたいいのかなと思っている。本阿弥書店から「俳壇年鑑2015版」の全国実力俳人105人」の北海道東北地区の俳人11名の作品評を依頼された。明日一気に書き上げるために今日は作品とにらめっこ。

by asahimati4 | 2015-02-19 04:49 | 日々の思い | Comments(0)