人気ブログランキング |

<   2015年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

県同朋の会総会

 午前中は富山別院で同房の会の総会に出席。地区の世話人が車で送迎してくれるので楽な会合だ。午前中には終わる。午後からは明日の支度でもしますか。何でもない日が続くが、昨日は財布を無くすトラブル。探しまくって発見した時の歓びは格別だ。お金よりもカード類の事を思ったらうんざりしてしまう。まあ、頭のトラブルでこれもいいか。

by asahimati4 | 2015-06-30 04:54 | 日々の思い | Comments(0)

今日も

 今日もバス研修の車内説明の勉強。きのう思い切って配布資料を印刷してしまった。今日はそれを軽く点検するだけだ。天候もいいらしいので、畑の作物の手入れを少し。昨日からおとといにかけて強風が吹いたので、棚になっているものは少し傾いた。それを補強することから始める。せっかく植田水菜だが、家のものがあまり食べて呉れないうちに虫が急にたかって来たので、引っこ抜く。馬鈴薯は家になくなれば一株ずつ掘り出している。

by asahimati4 | 2015-06-29 04:13 | 日々の思い | Comments(0)

資料作成

 今は小雨。ゆっくりと古典講座のバス研修の資料作成をする。車内で1時間程度話をしなければならないので、その内容をイメージして組み立てる。芭蕉の事は大抵は知っていると思っているが、系統立てて話しをするのはやっかいだ。昨日一茶記念館で午後から一茶研究家の大学教授の講座があったのでそこにもぐりこみ、話を聞く。それも2万句以上ある一茶の句をどのように整理されて話をされるか興味があったが、テーマ別に絞りいい話であった。私もそういう話しぶりを見習いたいと思う。

by asahimati4 | 2015-06-28 04:47 | 日々の思い | Comments(0)

青い鳥句会

 午前中に青い鳥句会。列車の乗継時間もあり、家に着くのは4時頃になる。6時20分くらいに家を出るのだが、朝飯は菓子パンを車中で食べることにしている。それから直江津までは今日出す句の整理。直江津から新井駅までは、短冊の清書。新井からは洋子さんが乗るので一緒によもやま話をしながら車中の景観を楽しむ。妙高高原での乗り換えは階段を使うので、洋子さんにはすこしきつそう。

by asahimati4 | 2015-06-27 04:05 | 日々の思い | Comments(0)

あさひ野小学校俳句教室

 昨日は市振小学校の俳句教室。終わってくるまで帰ろうとしたら全校生徒がベランダに出て大きな声を出して見送ってくれた。小規模校の良さが顕れている。純粋な子ども達であった。一番成績が良かったのは2年生のこどもであったのも印象的。今日はあさひ野小学校4年生。おとといのさみさと小学校のように進めていきたいと思う。午後からは耳鼻科受診。診察の受付だけをして一旦帰宅して3時間後にまた出直す。

by asahimati4 | 2015-06-26 05:21 | 日々の思い | Comments(0)

市振小学校俳句教室

 午後から市振小学校俳句教室。蛭子令子さんと2人で行う。1年から6年までの全校20名くらいの児童で先生も5人くらいの小規模校。もう10年くらい通っており、いまでも市振駅から通学のために電車に乗る子供たちは挨拶をしてくれる。長い人は6年間私の顔を見ているのだから私のほうだって子供の顔は思い出せる。席題を出して30分くらいで作ってもらって、それを黒板に貼り、みんなで投票の選をする。そして講評。2時間あるからゆったりとできる。

by asahimati4 | 2015-06-25 04:13 | 日々の思い | Comments(0)

かたかご句会

 午前中にかたかご句会。午後からはさみさと小学校で俳句の出前講座。4年生2クラスをする。まだ俳句の基礎が判っていないために俳句とは何か、というところから話をしてくれと言うので、昨年の早稲の香俳句会の入賞作品の中から句を選んで話を組み立てる。吉本さんと2人での進行だからうまくいくと思う。

by asahimati4 | 2015-06-24 04:51 | 日々の思い | Comments(0)

なでしこ句会

 午前中に耳鼻科の受付をしてからなでしこ句会。11時30分前に終わらせてそのあと診察に飛び込む。耳の方は大分よくなったが、再発が怖いのでドクターから良しと言われるまで通うつもり。午後からはバス俳句の伊賀のことを少し勉強する。また、昼までに「森」7月号も印刷所から届くと思われるので、袋詰め。間に合えば今日発送したい。

by asahimati4 | 2015-06-23 04:12 | 日々の思い | Comments(0)

何もない日だが

 何もない日だが、今週は句会が3つあり、俳句を少し溜めておかなければと思う。数はあるのだが、なかなか人の共感を得る作品ができない。最近は句会の成績が芳しくない。独りよがりの作品に陥っていないか反省しなければなるまい。それとそろそろ古典のバス研修の車内説明資料を作らなければならないとも思う。仕事はタンとある。

by asahimati4 | 2015-06-22 04:56 | 日々の思い | Comments(0)

糸魚川句会吟行

 恒例の6月の糸魚川句会の吟行会。昨年は参加できなかったが、今回はやむを得ない予定もなく参加できる。塩の道のルートである白池方面。梅雨空の天候だが、雨もまた良しの心境で新鮮な感動を得たいと思う。昔美規先生と一度訪れたところであるが、すっかり忘れてしまった。すぐ近くに長野県小谷村の戸土という集落がある。(今は廃村)ここから長野ではただ1か所だけ海が見えるところ。「とどのつまり」とはここから来たということだ。「牛尾菜一握信濃に海の見える道」とは美規先生の『海道』の句。

by asahimati4 | 2015-06-21 04:17 | 日々の思い | Comments(0)