人気ブログランキング |

<   2017年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

出発

 今日、青年団当時の仲間と桂林旅行に出発する。午後に富山空港を飛び立ち、桂林のホテルには夜中に到着。途中上海で乗り換えに4時間ほどの空き時間。希望通りに「俳句」が届いたので旅のお供にグラビアだけ読んで後は読まないでおいた。付録に私の俳句が出ている。代表句というので、句集「森」から選んだが、「蝉」からもいくつか選んでおけばよかったか。でも私にとって古い句は代表句とはなりえない。常に新しい句が代表句。明日から土曜日までこの欄は休みます。ネット句会報は土曜夕方に発信。

by asahimati4 | 2017-06-27 03:58 | Comments(0)

わっはっは

 今日から桂林行きと思っていたが、日程を確認したら明日からだった。すでに荷物は荷造りをして玄関に出してある。ぽかっと空いた今日一日、なにしよう。雨さえ降らなければ畑の除草。昨日一日雨だったので、相当に草が目立ってきている。そして10月号の巻頭文の執筆にとりかかる。一気に取り掛かるのではなしに半分ほど書いて立ち止まる。そこで気に入らなければ書き直す。

by asahimati4 | 2017-06-26 04:00 | Comments(0)

旅行準備

 明日からの桂林行きの準備をする。荷物は機内持ち込みできる最低限のものとしておく。旅の友と考えていた「俳句」7月号は届かず。やむを得ず6月号を持参予定。旅行中は俳句は出来ないと思うので、初めから作らないことにする。旅行準備が済んだら畑の草むしり。1週間留守にするので水遣りのコツを家族に伝授しておく。

by asahimati4 | 2017-06-25 04:10 | Comments(0)

青い鳥句会

 今日午前中は青い鳥句会。午後から一茶記念館で能村研三の講演会があるので、それを聞いてくる。一茶記念館で定期的に全国的な講師による俳句・一茶研究の講演があり、なかなか良い環境になっている。明日から中国旅行なので、今日中に「俳句」7月号が届けば旅のお供に最適なのだがと願っている。

by asahimati4 | 2017-06-24 03:38 | Comments(0)

市振小学校俳句教室

 午後から市振小学校俳句教室。今日は教室の中で俳句を作る。時間は1時間30分あるので、ゆったりと作り、味わうことまでできる。午前中は明日発送する「森」の袋詰めなどこまごまとした雑用をこなす。7月号から表紙が変わり新鮮に思われるかも知れない。
 来週の中国の勉強もしておくか。

by asahimati4 | 2017-06-23 04:26 | Comments(0)

年金者連盟総会

 一日、年金者連盟の総会のために小川温泉元湯で。風呂に入り、美味しいものを食べて昔の仲間と楽しく過ごしたい。出かける前にブロッコリーの苗を買って来たので、この植え付けをしておきたい。
 「ひよっこ」の高岡訛が聞きずらい。私の言葉は富山訛だが、そんなに聞きずらくはないでしょう。やはり慣れぬ人が地方の方言を使うと変に思う。

by asahimati4 | 2017-06-22 04:29 | Comments(0)

かたかご句会

 午前中、かたかご句会。丁度地区の健康診査日と重複するので、午後に受診することにする。病院で治療を受けているので、あまり意味がないような気もするが、現職時代に受診率向上のために努力していたので、久しぶりにでかけてみるか。30分くらいの待ち時間が暇つぶしになってよかろう。現代俳句協会70年史の原稿を依頼されている。朝のうちに仕上げて提出したい。

by asahimati4 | 2017-06-21 04:05 | Comments(0)

なでしこ句会

 午前中、なでしこ句会。私が来週中国に行くので繰り上げてもらった。毎回次回の句会の日を確認しているので、日を忘れる人がいないだろうと思うが、すこし心配している。来月の県俳連の夏季吟行大会の受付を懇請する予定。午後からは、現代俳句協会の会報の発送準備。封筒印刷、事業チラシなどの作成をしておく。これは中国から帰宅後にすぐ発送となる。都合の悪い期間に旅行を設定したものだ。

by asahimati4 | 2017-06-20 03:57 | Comments(0)

余韻

 昨日の糸魚川麓句会の余韻を楽しみたいと思う。蓮台寺という廃仏毀釈がはっきりわかる場所に行き、しばし感動。別に整備された名所に出かける必要はない。俳句はどこででも作れるということを改めて感じる。皆さんの作品をもう一度読み直し、選句に見落としがなかったか点検する。
 7月号の発行の準備。まずは封筒の作成から。糸魚川のふるさと句会の投句用紙を全員に封入したい。







by asahimati4 | 2017-06-19 04:03 | Comments(0)

糸魚川句会吟行会

 糸魚川麓句会の吟行会。糸魚川の郊外をめぐる。初めてのところもあり、興味深い気持ちである。建築家村野藤吾の最後の作品として知られる谷村美術館で、澤田政廣の「曼珠沙華」と名付けられた彫刻に久しぶりに出逢うことが楽しみ。山岸珠樹さんの「腰たかき春の仏にまみえけり」を思い出す・ほかに一つのスペースに一つの仏像があるのも楽しみ。とにかく楽しんでこようと思う。

by asahimati4 | 2017-06-18 04:11 | Comments(0)