人気ブログランキング |

<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 園芸店を覗くと春に収穫する春キャベツ10連の苗が出ていたので今日植えたい。昨年は自然のままにしておいたので始めて鴉に突つかれてしまったので、ことしは覆いをかけて植栽したい。昨年は少ない雪の中からおいしそうなキャベツが出ててたためそうなったのかも知れぬが相当悔しい思いをした。イチゴの苗も植えてしまう。玉葱の畝の準備もそろそろとりかかりたい。

by asahimati4 | 2017-09-30 04:10 | Comments(0)

 昨日の雨で急に秋らしくなった。今朝は肌寒いような夜明けである。パジャマを厚手のものにしたので快適な睡眠だった。幼馴染の同級生、「未来図」の川上良子さんが第二句集『聲心』を本阿弥書店から出版。慶事を喜びたい。素敵な装幀で、良い肌触りの句集。パラパラとめくり、その落ち着いた作風は彼女の面目発揮。とりあえずお礼の葉書を出して、書評は1月号に書きたい。

by asahimati4 | 2017-09-29 04:03 | Comments(0)

雨の夜明け

 静かな雨の夜明けである。昨日の夕方からずっと降り続く。今日は落ち着いて家の中で読書をして過ごす。最近の角川「俳句」がいい記事を掲載する。宮坂静生、大串章の俳句会の両会長を含めた座談会は俳句の流れが俯瞰できる大変示唆に富んだものである。また、最近富山市の角川源義の句碑を見て来たばかりなので、源義生誕100年として特集を組んでいるのもなんだか、源義を身近に感じ、富山県人として誇りたい気分。

by asahimati4 | 2017-09-28 03:49 | Comments(0)

かたかご句会

 午前中はかたかご句会。二句提出だが、深まる句会といえよう。帰って来てから『春の舞』の講演の要旨を組み立てたい。あらあらとした思いはあるのだが、具体的にどのように話せば納得してもらえるか考えたい。ジュニア俳句の表彰式や入賞者の感想文がそろそろ集まり出した。その事務も佳境を迎える。早め早めの対応で、仕事を流してゆきたい。

by asahimati4 | 2017-09-27 03:59 | Comments(0)

烏帽子山荘

 今日のなでしこ句会は宇奈月温泉の烏帽子山荘で。なかなか雰囲気の良い料亭である。門を入ったところの金木犀が香っているだろうか。道から少し入った高台に行く坂道はすてきだ。これもご縁がなければ来れないところだ。料理も季節感の飛んだものが味わえ、旅気分になる。車でメンバーが家まで迎えに来るというから、ピール一本くらい飲めるかもしれぬ。
帰ってきたら、『春の舞』を読み込む。

by asahimati4 | 2017-09-26 04:40 | Comments(0)

蚊の名残

 夏の間、ほとんど意識することがなかった蚊に刺されて目が覚めた。蚊の名残である。せっかくの事なので一句をものにしたい気持ちで跳び起きた。窓でも開いていたのだろうか。昨日家に居なかったのでわからない。今日は予定のない日。くつろいで過ごしたいと思う。土曜日にスズさんの車に同乗したが、手作りのイナゴの捕獲袋が置いてあるのにびっくりした。あれから何度も出向いているがイナゴは一匹もいないということだ。

by asahimati4 | 2017-09-25 04:05 | Comments(0)

埼玉句会

 今日は日帰りで埼玉句会。ちょっとした用事があったことも事実だが、ホテルが採れなかったのが一番大きな理由。一泊1万円以上のところはあるのだが、私が止まるのは7000円台と決めているので、体がきついが日帰りとした。提出俳句5句はこれから整理する。火曜、水曜と朝日町の2つの句会でも併せて5句作らなければならないので、忙しいことである。

by asahimati4 | 2017-09-24 03:27 | Comments(0)

青い鳥句会

 今日は秋分の日で郵便の配達がない日。昨日「森」10月号を郵便局に差し出したが、配達は25日になってしまう。同人作品依頼一覧表の封入は間に合わなかった。手戻りになるが、編集部に頑張ってもらうしかない。
 今日は青い鳥句会で長野へ。6時20分過ぎの電車で向かう。明日は埼玉句会だが、今晩所用があるので一度家に戻って明日の埼玉は日帰り。

by asahimati4 | 2017-09-23 04:00 | Comments(0)

はて

 予定のない日。はて、どうしよう。午前中に2時間ほどの畑、というおおまかなスケジュールをたてる。俳句も土日の2つの句会で9句提出しなければならないので、その整理をしよう。11月号の主要な原稿は書き終えた。10月号の発送準備は午後から。そろそろ年次大会の講演の組み立てについて考えようか。『春の舞』は私にとっては親しみのある句集なので、話がしやすいと思う。

by asahimati4 | 2017-09-22 03:10 | Comments(0)

俳句をたのしむ会句会

 午前中は俳句を楽しむ会句会。その足で補聴器の店に行き、右の補聴器の購入をする。約10年ほど使っているので、耳の形が変わりうまくつけないと音が出るようになってきた。ここらあたりが交換の適期だろう。帰ってきたら町内会会費の徴収に班を一回り。これでもなかなか忙しいのである。もちろん、4時過ぎの秋場所朝乃山の相撲も欠かさず見なければならない。

by asahimati4 | 2017-09-21 04:13 | Comments(0)