人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

五月尽について

 5月の末日。良く俳句で「○○尽」という季語があるが、5月尽はない。と思っていたが、歳時記の中に講談社の大歳時記に5月尽があったが、これは誤りと思う。そもそも「尽」は季節の変わり目に感動して使われるので「二月尽」「三月尽」「四月尽」「九月尽」の四つしかない(傍題を省く)ことを覚えておこう。5月という季節は夏のまっさかり、あらゆるものが躍動して生き生きしている最中なので、その月の終りを感慨深く眺める時期にない。
 大の月のせっかく賜った日なので、有意義に使いたいものだと思う。小の月に一日少ないことを嘆くよりも、賜った喜びを感じる方が楽しい。
 せっかくの今日だが、晴耕雨読の日。8月号の執筆が待っている。


by asahimati4 | 2019-05-31 04:12 | Comments(0)

鎌の月

 只今の時刻は3時45分、すこし薄明るくなってきた。東の空に鎌のような月が出ている。「明易し」を実感する。机に座る時に習慣的に書けていた膝毛布を撤去。寒くはないのだが、なんとまく膝のあたりが淋しい。これも慣れるまでの辛抱だ。
 きのうから畑の草むしりをしているが、なかなか捗らない。でも成果が確実に出ているので、あまり嫌な仕事ではない。ラジオを聞きながらゆったりと手を動かしている。昨日、発行所句会の兼題「蟇」について聞かれたが、なかなか目にする機会がない。これは想像で作るしかない。

by asahimati4 | 2019-05-30 03:54 | Comments(0)

早稲の香俳句会実行委員会

 午後から早稲の香俳句会実行委員会。いままで相棒の松田郷人さんの黒部川が解散したので、森俳句会だけで運営していかなければならなくなり、委員を増やして「かたかご」と「なでしこ」の2つの句会で運営していくことになった。窮すれば打開策が見つかるものである。今日の会議で一気に事業計画のすべてを決定することになる。バス研修も勝手ながら日程とコースを決めさせてもらった。
 昨日は草取りと思っていたが、雨になり断念。今日こそは精力的に実施の予定。昨日の雨はまさに恵みの雨である。

by asahimati4 | 2019-05-29 03:54 | Comments(0)

なでしこ句会

 昨夜は幼馴染の同級会。3時間という時間があっという間に流れてしまう。みんな無理しないで酒を飲むようになり、いい宴会になった。出れるような環境の人はほとんど出席。出席率の良いものとなった。おれがおれがと威張る人もいなく、いままで仕事に追われて出席しなかった人も初参加されることもあり、大成功。
 今月最後の句会の「なでしこ句会」今日で「森」6月号の配布完了。畑の草が気になる。午後からは草取りオンリー。

by asahimati4 | 2019-05-28 04:21 | Comments(0)

朝乃山

 昨夜家に帰って新聞を見ると朝乃山オンリー。やはり地元はありがたいものだと思う。「夏場所を勝ちふるさとは有難し」とは昨日埼玉句会で私が出した句。「朝乃山いづれ朝潮雲の峰」とは塩田修三さんの祝句。埼玉句会の人たちも我がことのように喜んでくれた。おととい関東地方のローカルニュースを見ていたら、栃木の貴源治が十両優勝したこと、貴源治の双子の兄が三段目かの優勝をしたというので、それがトップニュース。やはりふるさとは良いものだとつくづく思った。
 今日は、大家庄小学校の同級会。18人が集まる。飲み過ぎて事故が起きないように祈るばかりだ。

by asahimati4 | 2019-05-27 03:48 | Comments(0)

青い鳥句会・埼玉句会

 今日は青い鳥句会、明日は埼玉句会と連続する。交通費節約のために今日は高崎に宿泊。明日は高崎線に載って大宮まで。埼玉県に入ると通勤電車波の混雑。それを見ながら俳句を作る。人を眺めていると楽しい。それでも大宮へは早く着くので2時間ほどどこかを吟行するか、駅のスターバックスで人混みを眺めながら句の推敲をすることになるのだが、明日は真夏日の予報のために安全を考えて、スタバにしよう。句会に出す句は電車の中で考える。うまい句は句帳にたくさんあるが、手触りのいい句は直前に作ったのに限る。
 明日のこの欄はお休みです。

by asahimati4 | 2019-05-25 03:51 | Comments(0)

写真撮り

 「俳壇」のにっぽん俳句風土記の原稿の写真を撮りに何か所か出かけてみよう。最も遠くは滑川市だが、それは魚津市以遠は車を使わない投句のポリシーに基づいて後日電車にする。それ以外の写真を撮り終えたいと思う。原稿執筆の骨格は固まっている。あとは書くだけ。3000字というボリュームは大きいようでそんなに多くは書けないので、要領よくまとめることが大切だ。
 豆を播種しようと思う。植え込んだら畝の上に糸を張ってのカラス対策をする。馬鈴薯が花をつけてきた。夏だなあと実感する。

by asahimati4 | 2019-05-24 04:03 | Comments(0)

「森」発送

 「森」6月号を今日発送する。第4週に句会があるところは持参するのだが、それでも125通の郵送となった。できるだけ送付経費を押さえようとしているのだが、これが限界であろう。
 畑に豆を撒くための畝づくり。晴天の中での汗だくの作業となるが、なんとか今日中に成し遂げたい。
 朝乃山が好調。あと4日残すだけだが、なんとか2勝2敗くらいに持ち込めれば大活躍と言えるだろう。これから強い力士との対戦になると思うが、こんなことで負けていては来場所以降、不安になる。

by asahimati4 | 2019-05-23 03:52 | Comments(0)

かたかご句会

 昨日は朝まで雨が降り続いたが、9時頃に雨が上がり晴天となった。夜は綺麗な月が出て、今も西の空に輝いている。満月を2日ばかり過ぎた頃であろう。まだ夏の月と呼ぶのにも、梅雨の月と呼ぶのにも早い、かといって春の月では具合が悪い。
 午前中はかたかご句会。これから一週間の間に句会が4つあり、出句数は14句。今までに書き溜めた句がたくさんあるが、いざ人様の目に触れさせるというとなかなか句が見当たらない。作った時は感動して作っているのだが、読み返すとその感動が薄れて凡作に見えてしまう。やはり作り立ての句を出したくなる。「昨日の句に飽きる」と芭蕉が言った言葉を思い出す。

by asahimati4 | 2019-05-22 03:52 | Comments(0)

源氏物語講義日・仏教講座

 午前中は源氏物語の講義日。勉強しているからうまくいくはずだ、うまくいくに違いないと暗示をかける。「匂宮」をかたずけて、宇治十帖の一部についても触れる。本当は薫と八の宮の長女の大君との清らかな愛について語りたいところだが、テキストにないために断念。口頭だけの説明になる。
 午後からは、本龍寺の仏教講座に参加。もともと源氏物語とダブっていたが、この企画にも参加しているので、どうしても欠席できず、今日に限り源氏を午前中にした。
 昨夜の雨は良い雨だった。

by asahimati4 | 2019-05-21 04:01 | Comments(0)