人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

総ぐるみ清掃デー

 6月最後の日。今日は総ぐるみ清掃デーで大屋海岸の清掃でボランティア参加する予定だが、現在雨が降っており、大雨注意報発令中なので、この分だと中止の連絡があることだと思われる。家の周りもすこし整理したいと思っているが、この雨ではどうにもならない。じっと家にこもっているしかない。このところ本格的な梅雨らしい毎日である。「日傘」の兼題がネット句会で出ているが、それは想像で作るしかない。それもまた良し。読書三昧だ。また、森集の選句のために投句葉書の整理などして過ごそうと思う。

by asahimati4 | 2019-06-30 04:05 | Comments(0)

二十八日月

 今、東の空に二十八日月が、眉のように出ている。ぼんやりと映っているからきっと薄曇りなのだろう。このところ湿度が高い雨模様が続いているので、束の間の休息か。今日も朝から雨が続くとの予報である。ゆったりと内部仕事。「森の泉」でも書きますか。雑誌に掲載されるのはほぼ2カ月先なのであまり季節的なことは書けない。自分の身辺に起きた事、自分の感じたことを書くようにしているが、すこし躓くと題材に困ることがある。たった500字くらいの小文だが、俳句と同じように少しエネルギーを要する。
 合間は読書。今は警察小節に拘っている。読書は軽いものと決めているので、哲学みたいな難しいものは読まない、いや読めない。読んでどうするの?との思いが先行する。

by asahimati4 | 2019-06-29 03:57 | Comments(0)

あさひ野小学校俳句教室

 午前中はあさひ野小学校の俳句教室。学校側の準備不足から選句からやってもらうような運び方で、すこし時間がかかるが、やるしかない。10分ほど選句の時間をとり、5分ほどで手を挙げてもらって点盛りをすることにする。子供達の意見発表の時間が無くなるが、仕方ないと思う。
 昨日は宇奈月で八尾とおるさんの句碑除幕式。盛大に行われ、後の祝賀会にも出席した。車だったので初めてノンアルコールだけで2時間の宴会を乗り切った。やればできるものだなぁと新発見。おかげさまで料理は残らず堪能した。こんな宴会の出席の仕方もある。ノンアルコールビールだけでお腹がいっぱいになり、夕ご飯の晩酌は飲む気が起きなかった。

by asahimati4 | 2019-06-28 03:52 | Comments(0)

八尾とおる氏句碑除幕式

 宇奈月公園に八尾とおるさんの句碑が建立されることになり、その除幕式に招待され出席。宇奈月公園には、昭和天皇、与謝野晶子、宮柊二など当代一流の歌人の碑があることで知られており、その一角に建立されるとは名誉な事、心からお祝い申し上げたい。私の他に誰が招待されているのかは知らないが、建立記念パーティまで参加する予定。緑濃い宇奈月を楽しんで来ようと思う。「峡谷「」の方々との語らいも楽しい。とやま文芸散歩の7月には峡谷の仲間の作品を採りあげることにしているが、顔を見てもそのことは黙っておきたい。小雨の予報だが、除幕の時だけでも傘が要らないようになってくれればと思う。

by asahimati4 | 2019-06-27 04:08 | Comments(0)

かたかご句会

 午前中にかたかご句会。これで毎月のすべての句会が終了した。まだまだ句会を入れても良いのだが、核がない。俳句教室を開催したいのだが、人が集まるかどうか心配である。岡本輝夫さんの図書館で開催している川柳教室は8名集まったと聞く。俳句も努力すればそれだけくらいは集まるのではないかとは思うが、少なかったらどうしようとの思いがあり、なかなか踏みだせない。
 畑の草取りがなかなか大変である。取り掛かれば無心になれるのだが、取り掛かるまでが時間がかかる。一日二時間を最高限度にして畑の子守は続く。

by asahimati4 | 2019-06-26 03:51 | Comments(0)

なでしこ句会

 午前中、なでしこ句会。兼題は梅雨。7月の早稲の香俳句会のチラシが出来上がったので、それを配布して参加者を勧誘する。城端別院の虫干し法要の見学と名物の鯖鮨の食事が本当のメイン。句碑めぐりはそのついでという感じで済ませる予定。町のバスが無料で使え、実費のみの負担、大方は教育委員会の職員が世話をしてくださり、有難いことだ。
 昨日、9月号の巻頭文をあっという間に書き終わる。あとは字句の整理と点検のみだ。句集紹介は読む句集が決まった。これから数日を掛けて順次読んでいく。文章しごとは意識が昂揚しているときに一気に片付けるのがコツ。
今晩、地震報道で中断された「わたし定時で帰ります」の再放送があるらしい。どうでもよいことなれどー。

by asahimati4 | 2019-06-25 03:51 | Comments(0)

雑用整理と近所の通夜

 ほんの一時間ほどで済むのだが、今日、町内の4つの金融機関を巡って送金預け入れなどの業務。そのうち2つはATMで済ませられる。簡単な業務だが日常生活を営む上で忘れてはならない業務。年輩になるとこうしたことが煩わしくなるのかもしれないが、今のうちに仕事はきちんとするという習慣をつけて措かなければならない。
 隣のオヤジが亡くなって今日通夜なので、お弔いと通夜の手伝い。受付に立っているだけの仕事だが、近所の付き合いとしてこれも欠かせない。明日の葬儀は、句会とかち合うので、家人に任せることにしている。
 巻頭文のテーマが見つかったのでこれから書き出す。例年、9月号は市振をテーマにしているので、昭和十七年に加藤楸邨が市振を訪れたことを紹介してみたいと思う。

by asahimati4 | 2019-06-24 04:10 | Comments(0)

日曜日らしく

 梅雨と言っても雨ばかりの日が続くわけではないので、案外と過ごしやすい今年である。メリハリのように要所で降ってくれる。昨日青い鳥句会で、木天蓼の花を初めて見た。小さな可愛い花に感動。
今日は予定もないので、日曜日らしく思いつくままに過ごす予定。読み止しの図書館から借りた本を中心にしてゆっくりとすごす。本当は来月号の巻頭文の執筆に取り掛かりたいのだが、書く題材が見当たらないので躊躇している。美規先生も良く書く題材に困っておられた。私も同じことで悩んでいる。それも美規先生に一歩近づくこととして喜ぶべきであろう。まあ、気を長く持って泰然と構えよう。締め切りまでにできればいいのだから。
 

by asahimati4 | 2019-06-23 03:55 | Comments(0)

青い鳥句会

 午前中、青い鳥句会。いま小雨が降ってしっとりと梅雨の風情。今日の兼題は梅雨でタイミングがいい。車中でいくつか作っていきたい。片道2時間余りのいつもの電車いつもの場所が私の書斎となる。帰って来てから「森」7月号の発送。表紙も変わり、新鮮に見える。現代俳句月評は塩田修三さんに変わる。巻頭の私の文章も良い出来だと自画自賛している。大抵のところは24日に届くと思うので、楽しみにしていてほしい。朝日町の皆さんは句会の時に渡すので、2日ほど遅れる人もいる。許して欲しい。
 さあ、今日も良かったと思える一日にしたい。

by asahimati4 | 2019-06-22 04:40 | Comments(0)

水道メーター検診・集金

 3ヶ月の町内の仕事として10軒ほどの水道メーター検診と料金の計算、集金が今日の大切な仕事。仕事自体が単純だが、集金は日中留守になる家もあり、2日がかりとなる。私も現役の場合はそのようにして周りの皆さんにご苦労を掛けていたのだなと思うと、その恩返しのつもりで、その家に灯りがともるまで、何回も出向くことになる。それこそ身を粉にして夫婦で働いて小さな子供を育てている若い家族につい声援を送りたくなる。
 空いた時間は、今日も畑を中心にしてのんびりと過ごす。明日から来週前半まで句会が3つ。意欲的な作品を作り続けたいと思うが、これがなかなかである。

by asahimati4 | 2019-06-21 03:49 | Comments(0)